流氷クルーズで航く北欧・バルト三国とポーランド8日間の旅!

 
2020年の2月の旅行記です。
友人と4人でツアー旅行に参加しました。
 
 
去年のクルーズのときとは違うメンバーです。
 
 
 
なんと旅行代金が8日間で174,800円という安さと、スウェーデン、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランドと観光できるということ、目玉は1泊2日の流氷クルーズに乗れるということ!
1月中旬から3月中旬の2ヶ月間限定で海面の氷をバリバリと割りながら進む耐氷船がメイン(私の中では)
 
 
どれくらい寒いんだろう~と、ワクワクしながらダウンのロングコート購入して、帽子と手袋とストール準備して、スノーブーツを飼うべきか悩んだ挙げ句、ダウンコートで予算使ったのでスノーブーツは却下。
 
 
期待に胸踊らせていざ北欧へ!!!
 
 
 

・カタール空港でスウェーデンへ

 
ドーハ空港内
 
 
沖縄→成田→ドーハ→ストックホルム到着
スウェーデンの首都ストックホルム観光。
 
 
 
 
山中教授が座った椅子。
ここで、ノーベル賞のメダルチョコを購入。
 
 
ノーベル賞授賞式が行われる市庁舎や王宮を巡って、ガムラスタンで買い物。
 
 
 
絵本の中にいるようです。
 
 
 

・クルーズ船へ乗船

 
 
さて、お目当てのクルーズです!
バリバリと氷を割るのを見に来ました!!
しかし、残念なお知らせが・・・!!!
 
 
・・・暖冬のため、氷の欠片さえも見つからないとのこと・・・
ふつう~に、小さい船でのクルーズとなりました。
 
 
 
 
オールインクルーシブのビュッフェを楽しんだらあとはすることもなく・・・
がっかりしすぎてお部屋の様子をカメラに収めるのを忘れてしまいました。
 
 
お部屋はすごく狭いのに、折りたたみのベットが4つ!
2段ベットのような作りになっていました。
シャワートイレは一緒になっていて仕切りはシャワーカーテンのみで、トイレを濡らさないように髪の毛洗うのに四苦八苦!!
 
 
私達は2人で1室でしたが、4人入ったら身動きできなそう~。
スーツケースも一人づつ別途の上で開けて必要なもの取り出して交代する感じ。
 
 
しかも夜、寝ようとしても廊下から騒いでいる声が一晩中聞こえる・・・
北欧ではアルコールが高いらしいのですが、クルーズ船内ではかなり安いらしくて、乗船料金を払ってアルコール類を買いだめする人達が多いらしい。
どおりで船内のショップにビールケースが山積みになっていたわけか!
アルコールを買いだめして一晩中酒盛りしていた模様です。
 
 
 

・エストニアのタリン到着

ご飯は素朴で美味しかったです。
 
 

・ラトビア

ラトビアのねこ
 
店名がヤクザ・・。和食のお店だったかな?
 
 
有名な猫の家
 
 

・リトアニア

彫刻が見事です。
 
可愛いカフェでランチ
 
 
日本のシンドラーと言われている杉原千畝記念館。
 
 

・ポーランド

ワルシャワの町並み
 
 
ショパンの生家
 
違う季節で訪れたらまた素敵でしょうね。
 
 

・旅のまとめ

 
観光中、雪を見ることはなく、どこへ行っても「ここ数年は暖冬で雪が積もらない!スキーができない!」と言ってました。
スノーブーツ買わなくてよかった・・・ダウンコートも買わなきゃよかった・・・(T_T)
 
 
帰りはワルシャワからドーハを経由して羽田で一泊。
羽田でホテルへ行く前に一泊分の着替えなどを手荷物用バックに入れ、ダウンコートを入れたスーツケースは自宅まで宅配で送ってしましいました。
私はアメックスのプラチナカードを持っているのでスーツケース2個まで無料で配達してもらえます。
 
 
そしてバスでホテルへ。
この旅行で初めて寒い!と感じたのが東京でした。
今こそダウンコートが必要なのに!!!
 
 
まぁ、バスからホテルへの移動だけなので2~3分でしたが。
今回は、ツアー旅行なので安くて楽だったけど、一通り回った~という感じでした。
 
 
次は個人で再訪したいと思ったのですが、いつになることやら・・・
このときは今のようになるとは思いもしなかった!
当分は過去の旅を思い返しつつ牛のように反芻したいと思います。
 
 
 
 
+++++++++++++++++++++++
ランキングに参加しています。応援お願いします。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村>

+++++++++++++++++++++++

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする