3泊5日カンボジア旅行のおしゃれ重視のパッキング【洋服コーデ】

カンボジアのプノンペンへ個人手配の一人旅です。
成田から直行便が出ているANAで航空券を取り、出発は沖縄なので成田で一泊することになりました。
ホテルは成田ビュー、プノンペンはコートヤード・バイ・マリオットです。
今回の旅の目的はホテルステイとプノンペンで友人と会うこと。

スーツケースはリモアのサルサエアーのパープル

リモアのサルサエアの一番小さいやつ(33リットル)
機内持ち込みできますが、預けます。
低身長のアラ還なので、機内の棚に手が届かないことが多く体力ないので。
ANAの上級会員なので荷物もすぐに出てくるし。

カンボジア・プノンペン3泊5日の洋服コーデ

旅行もおしゃれも楽しみたいので、パッキングの最初に日数分のコーディネートを考えます。

日本は冬で寒いのに、プノンペンは暑い(33度くらい)

夏服冬服、両方必要です。

1日目(沖縄から成田へ・成田泊)

成田ではホテルまでの移動があるのでコートが必要。
このコーデは5日目も一緒になります。

タートルネック(ブランド不明)
ミデイアム丈のニットパンツ(カトリーヌ・アンドレ)
革コート(トルコで購入)
カシミアショール(ユニクロ)
ショルダーバック(GABS))
ショートブーツ(CHANEL)

リモアの色に合わせたコーディネートにしました。

2日目(成田からプノンペンへ・機内)

厚手のコットンワンピース

コートは1日目と同じものを空港まで着てスーツケースを預ける前にに入れてから預けています。
このワンピースはシワにならないので機内でリラックスできます。

中から黒のユニクロのブラトップと7部丈パンツを着用。

プノンペンについたら空港のトイレで夏用ワンピースとサンダルに着替えます。

中に着ているユニクロはそのままでワンピのみ交換。
ワンピースの場合着替えても、トイレの床に服の裾が着くこともないので安心です。
二枚とも、旅先で購入した千円から三千円位のもの。
機内で着ていたワンピはホテルではパジャマ代わりにしてから捨てる予定。

3日目(プノンペン・友人と外出)

街歩きするかもなのでカジュアルに。
トップス(Desigual・スペインのブランド)
パンツ(ユニクロ)
サンダル(クロックス)

Desigualのストールも持っていたのですが写すの忘れました。

4日目(プノンペンからバンコク経由で成田へ)

パンツスーツ(セミオーダー)

麻なので皺になりやすいけど色が綺麗で気に入っています。

5日目(羽田から沖縄へ)

羽田のANAラウンジで1日目と同じ服に着替えて沖縄へ。

パッキング

スーツケースの蓋になる部分似洋服とサンダルなど。

下の方(持ち手が内蔵されているところ)には化粧品、薬、本、帽子、サングラスなど。

ガラガラなのでコートもしまえます。

お土産もたくさん入るスペースはありますが、プノンペンは買いたいものがありませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする